shutterstock_238694317-min

■「友達」と「恋人」で異なる二人の関係

友達としての女性、そして恋人としての女性。同じように一緒にいることができても、関係性によっては二人の距離感も異なるものです。

友達であれば二人きりであっても「同性」のような付き合いが基本となり、男女の関係になることはまずありません。そして、どちらか一方が恋愛感情を持ったとしても、もう一方が相手に対して「異性」という感覚を持っていなければ、二人が交際に発展することはないのです。

恋人関係になるには、この「異性」として見れるかが重要で、いくら女友達のことを好きになっても、その女性にとって、男性のことが「友達」という感覚である限り、そこに「異性」を意識することがないのです。

■友達だと思っていたのに、いつの間にか恋愛対象になる時とは?

大勢の仲間と一緒にいる時に、「二人きりになりたい」とか、「もっとあの子のことを知りたい」と思った時は、女友達から恋愛対象の相手として変化しています。

「友達」の一人と認識している時は、あくまでもその他大勢の中の一人に過ぎないため、その女性へ特別な意識を持つということはないはずです。

ただ、そこに「女性」として意識することが多くなったり、他の男性と関わることに妙に嫉妬してしまうという場合は、そろそろ自分の気持ちに気付くべきです。

「友達」だと自分自身に言い聞かせても、気持ちが違う方に向くことは誰にでもあるのです。

■友達という存在から彼女という存在にするためには?

自分の気持ちに気付いた時、そこからどのように自分を「男」であると、相手の女性に意識させるかが重要なポイントです。

相手女性に自分を「異性」として意識させないことには、「彼女」という存在に変えることができないと言ってもいいです。

「友達」と「異性として意識した人」との接し方は少なからず変わるものであり、それは「好きである」という特別感を出す必要があります。

例えば、女性が困った時にはいち早く駆けつけたり、別の男性の話をしてきた時には、「男の話出来れば聞きたくない」などと言って、自分を「男」だということを意識させるのです。

女性が「あれ?いつもと違うな…」とか、「なんか急に男っぽくなったような気がする」というように、少しずつ、少しずつ変化が表れれば期待できるでしょう。

女性からも、どこか女らしい面を出されてきたり、男として見られている発言や行動が多くなった時、相手に気持ちを伝えて恋人になるチャンスを掴みましょう。

彼女 募集 TOP