shutterstock_216365722-min
学生の頃とは違い、社会人になってみると、出会いは本当にないということを実感すると思います。

いや、「出会いがない」というわけではなく、出会いがあっても深い関係に発展しにくくなっているといった方がいいでしょうか。

では、社会人になって彼女を作る方法とは一体どうしたらいいのでしょうか。

■会社の同僚や会社仲間から彼女を作る

彼女作りで最初に候補にしておいた方がいいのは、やはり会社の同僚や取引先の人など、普段から接している人です。

コミュニケーションも取れていますし、ある程度の「人間性」も分かるでしょう。しかし、普段から接しているので、悪い面も見えやすいです。

それは相手も同じことが言えるので、「この人はないな…」と思われていては、その人を彼女にすることは難しいでしょう。

また、デートに誘ったり、告白した結果が成功しても、失敗しても、同じ職場ということでやりにくくなる部分は出てくると思います。

近くにいるからこそ、良い面、悪い面が分かる。それを良いように取るか、悪いように取るかは人それぞれです。

■学生の頃からの友達の紹介で彼女を作る

学生の頃からの友達ということで、かなりの信頼がおける人からの紹介です。

友達のように、間に信頼できる人が入ることで、初対面であってもコミュニケーションは取りやすくなっています。また、事前に、友達に好みのタイプを伝えることができるので、相性の合った相手を紹介してもらえる可能性が高まります。

■合コンや出会いパーティー参加で彼女を作る

また、知り合いが開催した合コンや、業者が手掛けた出会いパーティーに参加することも彼女作りにおいては効果的です。

合コンは男女一緒に盛り上がって、好みの相手を見つけることができますし、仲良くなるまでのスピードがかなり早いです。

業者がおこなう出会いパーティー、合コンパーティー、婚活パーティーなどは、出会い目的、婚活目的の参加が当然に多く、こちらも関係発展のスピードが早く、恋愛における面倒な駆け引きを大幅にカットすることが可能です。

■何事も積極的に参加するという意識

社会人と学生の頃の出会いの違いの一つに、出会ったとしても「仲良くなりにくい」という点が挙げられます。

学生の頃は、良い意味でも悪い意味でも、世界が狭いです。学生の時点での経験はみんなほぼ同じでした。しかし、社会に出ると職業によっても、年代によっても、生まれ育った場所によっても、全く経験の違った人と時間を共有することになります。

やはり自分とは違った人とは仲良くなりにくく、友達や彼女という関係には発展しにくくなってきます。

しかし、それで諦めてしまっては彼女作りが前に進みません。

ですから、何事にも積極的に参加して自分に合った人、好みのタイプを探して、彼女作りを頑張ってみましょう。

会社のイベントには積極的に参加する。知り合いからの紹介の話があったらお願いする。合コンなどにも積極的に参加する。などが挙げられます。

また、それ以外にも、料理教室などの趣味のサークルに参加してみたり、スポーツイベントにも積極的に参加しましょう。

趣味が同じであれば、会話が生まれ、それが相性の良し悪しに繋がっていきます。

彼女 募集 TOP